迷わず、困らないために相続の一番身近な相談役

皆さまにとって、一番身近な相談役として司法書士が相続のお手伝いします。皆さまにとって、一番身近な相談役として司法書士が相続のお手伝いします。

司法書士、行政書士、税理士の先生、弁護士の先生等の士業等、相続の専門家を名乗っているため、誰に何を相談してよいのかはっきりしない人が多いのではないでしょうか?
実は、司法書士は相続手続きに一番多く関わる専門家です。
司法書士は、生前対策の遺言の作成や生前贈与の登記、死亡後の相続登記、預貯金などの相続手続き等を含めた相続財産の財産管理業務、裁判所へ提出する書面作成として相続放棄の申立や遺産分割調停の申立書作成業務等をすることができます。
司法書士は、司法書士試験に合格するために相続法を詳しく勉強している法律分野の専門家です。

坪井章事務所に依頼するメリット

司法書士と土地家屋調査士の資格があるので、表題登記と権利の登記をすべて取り扱うことができる登記のプロフェッショナルです。
また、行政書士資格もあるため自動車の名義変更や遺産分割協議書作成業務をすることができます。

法務局の登記相談等を利用して自分で登記することもできますが、相続財産調査をしっかりやらないため相続登記漏れ等のトラブルがあります。そして、法務局の手続きだけのアドバイスしかもらえないので、登記以外の相続手続きを見落とす可能性があります。当事務所では、長年培った知識と経験で、相続手続きについてアドバイスをいたします。

相続手続きには相場がなく、事務所によって報酬は様々で、付随報酬があり報酬体系が不明確な場合がありますが、当事務所では報酬をはっきり表示しています。

ブログ・お知らせ

相続関係と遺言の作成 

私の実務での経験になりますが、子がいない場合で兄弟姉妹が相続人になるケースは遺言を作成したほうがいいと思います。 兄弟姉妹が相続人になると戸籍が増え、相続人が多数になり手続きが複雑になります。 第一順位の相続人の子がいない場合、父母等の直系尊属が第二順位の相続人となり、父母祖父母が死亡している時…

遺言での不動産の表示

自筆で遺言を作成する場合、不動産の表示の方法について悩むところです。インターネット等では土地については「所在」「地番」「地目」「地積」建物については「所在」「家屋番号」「種類」「構造」「床面積」を記載する雛形をみかけます。また、公証人が作成する公正証書も同じように表示することが多いのではないでしょう…

家督相続の考え

田舎では長男が家に残り、実家で親と同居したり、実家の敷地に家を建てる等、長男が家を守るという考えが残っています。 戦前の民法は、家の考えが強く、家を相続する家督相続という制度がありました。戸主が死亡した場合、家督相続人が戸主の財産をすべて相続する制度で、家督相続人の第一順位は長男です。余談ですが、…

一覧を見る

事務所について

司法書士坪井章事務所

外観

〒503-0861大垣市羽衣町1丁目3番地6

TEL (0584)47-5034

FAX (0584)47-5708

メールアイコンお問い合わせ

平日9:00~19:00(日・祝日は休業)
電話は午後10時まで受付 休日又時間外も相談予約可
メールでの相談は1~2日内に返信します。