迷わず、困らないために相続の一番身近な相談役

皆さまにとって、一番身近な相談役として司法書士が相続のお手伝いします。皆さまにとって、一番身近な相談役として司法書士が相続のお手伝いします。

司法書士、行政書士、税理士の先生、弁護士の先生等の士業等、相続の専門家を名乗っているため、誰に何を相談してよいのかはっきりしない人が多いのではないでしょうか?
実は、司法書士は相続手続きに一番多く関わる専門家です。
司法書士は、生前対策の遺言の作成や生前贈与の登記、死亡後の相続登記、預貯金などの相続手続き等を含めた相続財産の財産管理業務、裁判所へ提出する書面作成として相続放棄の申立や遺産分割調停の申立書作成業務等をすることができます。
司法書士は、司法書士試験に合格するために相続法を詳しく勉強している法律分野の専門家です。

坪井章事務所に依頼するメリット

司法書士と土地家屋調査士の資格があるので、表題登記と権利の登記をすべて取り扱うことができる登記のプロフェッショナルです。
また、行政書士資格もあるため自動車の名義変更や遺産分割協議書作成業務をすることができます。

法務局の登記相談等を利用して自分で登記することもできますが、相続財産調査をしっかりやらないため相続登記漏れ等のトラブルがあります。そして、法務局の手続きだけのアドバイスしかもらえないので、登記以外の相続手続きを見落とす可能性があります。当事務所では、長年培った知識と経験で、相続手続きについてアドバイスをいたします。

相続手続きには相場がなく、事務所によって報酬は様々で、付随報酬があり報酬体系が不明確な場合がありますが、当事務所では報酬をはっきり表示しています。

ブログ・お知らせ

登記名義人の表示

不動産登記記録に所有者の住所氏名が記載されることになります。この表示が現在の表示と相違する場合、行政区画などの変更以外は登記名義人の住所や氏名の変更登記をすることになります。 不動産登記法では登記官が不動産登記を却下することができる事由を規定しています。法務局の登記官は、不動産登記法が規定する却下…

戸籍の収集

相続が発生した場合、相続人を確定させるために戸籍を揃えて、金融機関や法務局などで相続手続きをします。 相続手続きに必要な戸籍は、出生から死亡までの連続した戸籍謄本が必要になります。原則として、戸籍は本籍地の市町村で取得しなければならず、住所地と離れたところに本籍地がある場合、取寄せることになります…

司法書士、行政書士の遺産分割

相続した財産を誰が相続するかを決める話し合いを遺産分割協議と言います。 相続人全員が納得した形で話し合いができればいいですが、話し合いが拗れる場合もあります。 話し合いが拗れたときに資格者に話をまとめてほしいという希望があります。 司法書士が関与できるのは、不動産登記に絡んだ遺産分割協議書の作…

一覧を見る

事務所について

司法書士坪井章事務所

外観

〒503-0861大垣市羽衣町1丁目3番地6

TEL (0584)47-5034

FAX (0584)47-5708

メールアイコンお問い合わせ

平日9:00~19:00(日・祝日は休業)
電話は午後10時まで受付 休日又時間外も相談予約可
メールでの相談は1~2日内に返信します。